FC2 Blog Ranking 泣けるor笑えるような素敵な映画・ドラマ・お話をあなたへ スチュアート・リトル
辛い困難・悩みを抱えるあなたに観てほしい
泣けるor笑えるような素敵な映画・ドラマ・お話をあなたへ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スチュアート・リトル
2012-10-24-Wed  CATEGORY: 感動したい方へ(洋画)
 【あらすじ】

ニューヨーク・セントラルパークの近郊に小さな一軒屋を構えるリトル一家は、ミスター・リトル、ミセス・リトル、一人息子のジョージ、ペットの猫スノーベルの平凡だが仲の良い家族。ジョージはかねてより一緒に遊べるような弟を欲しがっており、その為リトル夫妻は児童養護施設に訪れる。 身寄りの無い子供達がいる広間に通されたリトル夫妻は、その人数の多さに仰天するが、夫妻の傍らで「家族になるべき子なら、見つけた瞬間に心が感じるはず」と、子供達と同じ制服を着た小さな白いねずみからアドバイスを受ける。そのねずみ=スチュアートに運命を感じた夫妻は、彼を引き取りジョージの弟とすることに決める。

家にたどり着いたスチュアートは、初めて感じる家族の雰囲気や自宅があることに深く感動するが、天敵スノーベルに食べかけられたり、ジョージには「まともに遊べる相手じゃない」と拒絶され、前途多難な生活の幕開けとなってしまう。 それでもポジティブなスチュアートは、ジョージと出来る限り接しようとするが、なかなか受け入れてもらえない。スノーベルとも家族として距離を縮めようと懸命だが、本来捕獲するべき存在であるスチュアートのペットになる事は、プライドが許さないスノーベルには到底認めることができなかった。

そんな二人も、セントラル・パークでのボートレース参加をきっかけに、急速に仲良くなる。ジョージ自身、まだ弟としては受け入れられないものの、相棒・友達としてスチュアートを受け入れ始めていた。 ボートレース当日、ボートを操作するためのリモコンを不注意で踏まれて壊してしまったスチュアートは、自らボートを操縦しレースに参加することに決める。 進路妨害や突風なども機転で切り抜け、みごとレース優勝をジョージにもたらした。

晴れてジョージからも家族と認められ、親戚一同にお披露目となったある晩、リトル家にとある夫婦が訪問してきた。その夫婦とは・・・?
stuart_little.jpg

【感想・レビュー】

この映画のねずみはしゃべることができるということを前提に聞いてください。


ある夫婦が、弟を欲しがる息子のために児童養護施設を訪れる。

そしてなんと、その夫婦がえらんだのはねずみの子。

とてもありえない展開なのですが、とても良い映画です。

弟とキャッチボールなどをして遊びたかった息子は当然がっかりします。

しかし、ある出来事を境に二人は本当の兄弟のように仲良くなっていきます。



もちろん、人間とネズミの間ではたくさんの困難があります。


それをどう乗り越えていくかがこの映画のストーリーです。


幅広い年齢に受け入れられる、良い作品だと思います。


あなたも兄弟を大切にしてくださいね^^

きっとこの映画はあなたを感動させてくれるはずです。


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 泣けるor笑えるような素敵な映画・ドラマ・お話をあなたへ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。