FC2 Blog Ranking 泣けるor笑えるような素敵な映画・ドラマ・お話をあなたへ レナードの朝
辛い困難・悩みを抱えるあなたに観てほしい
泣けるor笑えるような素敵な映画・ドラマ・お話をあなたへ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レナードの朝
2012-10-27-Sat  CATEGORY: 泣きたい方へ(洋画)
 【あらすじ】

1969年、ブロンクス。慢性神経病患者専門のベインブリッジ病院に赴任してきたマルコム・セイヤー(ロビン・ウィリアムズ)は無口で風変わりな男だったが、患者に対する態度は真剣で、彼らが話すことも動くこともできないものの、まだ反射神経だけは残っていることを発見すると、訓練によって患者たちに生気を取り戻すことに成功し、その熱意は治療をあきらめかけていた看護婦のエレノア(ジュリー・カブナー)の心をさえ動かしていった。そんなセイヤーの患者の中でも最も重症なのがレナード・ロウ(ロバート・デ・ニーロ)だった。彼は11歳の時発病し、30年前にこの病院に入院して以来、意識だけはあるものの半昏睡状態で寝たきりの生活なのである。何とか彼を救おうとしたセイヤーはまだ公式に認められていないパーキンソン氏病患者用のLドーパを使ってレナードの機能回復を試みる。そしてある朝、ついにレナードはめざめを迎えた。ベッドから起き上がり、セイヤーに連れられて30年ぶりに街に出たレナードにとって見るものすべてが驚きだった。その効果に意を強くしたセイヤーは上司に他の患者にも新薬を使うことを申し出て、病院のスタッフの協力によって投薬が始まった。
lenard.jpg 
【感想・レビュー】

この映画は実話です。

今生きていることがいかに素晴らしく、奇跡的なことだということがわかります。

この映画に登場する精神科医や、患者の気持ちを考えると泣けてきます。


体は生きていても、意識がなかったら本当に生きていると言えるのか。

そんなことも感じました。

私は生きていると思います。

私の祖父は数年前亡くなりました。

寝たきり状態でしたが、やはり家族の私はしっかりと祖父の生命を感じました。

だれかが生きていると感じるのであれば、たとえ脳死であってもその人は

生きていると言っても良いのではないでしょうか。

精神論でしか意見を言えない私ですが、このように思います。


命のことに関しては、あきらめないことが大切ですよ。




スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 泣けるor笑えるような素敵な映画・ドラマ・お話をあなたへ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。