FC2 Blog Ranking 泣けるor笑えるような素敵な映画・ドラマ・お話をあなたへ ウォーターボーイズ
辛い困難・悩みを抱えるあなたに観てほしい
泣けるor笑えるような素敵な映画・ドラマ・お話をあなたへ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォーターボーイズ
2012-10-21-Sun  CATEGORY: 笑いたい方へ(邦画)
この映画は何度観てもわらえます。

【あらすじ】

静岡県相良町(現在の牧之原市)が舞台。部員は鈴木智(妻夫木聡)ただ一人という廃部寸前の唯野(ただの)高校水泳部に、美人教師・佐久間恵(眞鍋かをり)が顧問に着任した途端、部員が30人に激増。

ところが、佐久間が本当に教えたかったのは、なんとシンクロナイズドスイミングだった。恐れをなした多くの部員たちは逃亡。しかし取り残された部長の鈴木、何事も中途半端な元バスケ部員の佐藤(玉木宏)、筋肉を付けたいガリガリのダンス少年・太田(三浦哲郁)、カナヅチ克服を目指すガリ勉・金沢(近藤公園)、ちょっと女の子っぽい早乙女(金子貴俊)の5人は泣く泣く学園祭に向けてシンクロをやる羽目に。

しかし学校のプールはバスケ部の釣りぼりに使われる事になってしまうが、周囲からバカにされまいと急にやる気を見せだした5人。既にプールに放たれていた魚を捕まえ、オカマバーのママ(柄本明)など地元の商店街から協力を得ながらも予行演習で全くシンクロらしい演技もできず、水泳部の責任者・杉田(杉本哲太)を怒らせてプールの使用を禁止されてしまう。

学園祭の発表は絶望的になる中、鈴木は予備校で桜木女子高の空手少女・木内静子(平山綾)と出会い、一目惚れ。勿論、学園祭でシンクロをやる事を言えるはずもない。ある日、木内と訪れた水族館で見事に泳ぎ回るイルカのショーに触発された鈴木は怪しげなイルカの調教師・磯村(竹中直人)に頼み込み、佐藤たちと共に水族館や海でシンクロの練習(実はいい様にこき使われているだけ)に明け暮れる…。
W.jpg 

【感想・レビュー】

男のシンクロなんてばかばかしいと思いますか?笑


ばかばかしいと思う方はたくさんいると思いますが、この映画の主人公たちはしっかりと青春を楽しんでいます。


この映画がきっかけで、男のシンクロをしているところもできたんですよ^^


ばからしさを最初から最後まで忘れずにそれでいて観たあとに感動をもたらしてくれる良い映画でした。


それでもって笑わせてくれる映画です。

 
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 泣けるor笑えるような素敵な映画・ドラマ・お話をあなたへ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。